- レザーソールパッケージ -

スタンダードライン

ー 洗練された雰囲気を醸し出すレザーソール ー

特別な日でなくても、上質なものを身につけたい時があります。気持ちを切り替えるため、自分に自信を持たせるため、パートナーを傍らで引き立てるため。そんな時、意識は衣服や装身具に行きがちですが、足元にこそ、それに見合ったものを履いていただきたいと考えています。

足元から装いを支えれば、背筋は自然と伸び、視線はいつもよりも少し先へ。次に踏み出す一歩はまた昨日と違ったものになるかもしれません。

スタンダードラインはお客さまの足を採寸して靴をお作りするオーダーメイドのラインです。
伝統的な作りのハンドソーンウェルテッド製法を採用。手仕事ならではのアッパーとソールの一体感や、ソールの繊細な意匠は、履く方の心を満たします。

お問い合わせはこちら

  1. モデル・価格
  2. 素材
  3. 仕様
  4. 修理
  5. オーダー

控えめに、端正な形で足元に在るように

レザーソールパッケージでで製作できるモデルでは、内羽根と外羽根の他、ホールカットやサイドエラスティック等もご用意があります。
新しいモデルは随時ブログやインスタグラム等で紹介させていただきます。

○内羽根

○外羽根

○その他

●価格(税抜)
 
・木型(初回のみ)・・・¥36,000-
・シューツリー(必要な場合のみ)・・・¥36,000-(靴と同時オーダーの場合¥32,000-)
 
・メンズ
プレーントウ / キャップトウ / パンチドキャップ ・・・¥138,000-
クォーターブローグ / セミブローグ ・・・¥146,000-
フルブローグ ・・・¥150,000-
 
・レディース
プレーントウ / キャップトウ / パンチドキャップ ・・・¥133,000-
クォーターブローグ / セミブローグ ・・・¥141,000-
フルブローグ ・・・¥145,000-
 

素材感を生かしたものから、高級感のあるものまで

国産レザーを主軸に▲

○アッパー表革

・クロムキップ

・タンニンキップ

質の良い原皮を使用しており、銀面(革の表面)は繊細でとても綺麗です。その表情を最大限に活かすアニリン仕上げを施し、グレージングで艶を出しています。タンニンなめしのため▲、経年で表情が少しずつ変化していきますので、革らしい革がお好きな方におすすめです。

色: 黒・焦茶・茶・ワイン・グリーン、他
原皮: オランダ産
なめし: 兵庫県

・フレンチカーフ(+¥18,000-)
フランスアルザス地方の伝統あるタンナーでなめされた皮革。
美しい銀面と優れた耐久性を両立しており、日本では少ない型押しのバリエーションも豊富に揃っています。

※こちらの革はオプション扱いとなります。

色: 各色(仕入れ状況により異なります。)
原皮:フランス産
なめし:アルザス地方

○アッパー裏革

ここに右カラムに表示させたい任意のテキストや画像タグを入力します。

色: ナチュラル
原皮: ▲-
なめし: ▲国内

○ソール

▲画像▲

・ベルギー産ベンズ+ビブラムラバートップリフト

ソールには、硬すぎず、柔らかすぎず、適度に馴染んでゆくベルギー産のベンズを使用。
トップリフトはビブラム社のラバーヒールを加工して▲

手仕事を重ねていくこと

○木型について

Cacicaオリジナル木型「C201」

現代の方に合わせた小ぶりな踵とシャープなトウ形状が特徴の、スタンダードライン用の木型。底面は人間の足のように複雑な曲面の連続になっています。オーダーの際はこのままではなく、お客さまの足に合わせて切削・補正して使用します。

※2足目以降は大きな変化がない場合、木型の補正代はかかりませんので、靴本体の代金のみとなります。
※作成した木型は工房にて保管いたします。

○シューツリーについて

3ピースタイプ・シューツリー

靴を保管しておく際、型崩れを防ぐために入れるシューツリーです。
Cacicaでは、靴に入れる時にも負担をかけず、適切なテンションを保てる3ピースのシューツリーをご用意しております。
クラシックな佇まいも魅力です。

○製法について

手仕事を▲ハンドソーンウェルテッド製法

末永くご愛用いただくために

オーダーいただいた靴の修理につきましては、当工房にて承っております。
※靴の状態によっては、追加料金が発生する場合があります。
※価格は一足分・税抜です。

・トップリフト交換(革とゴムの組み合わせ)…¥4,000-

・トウスチール…¥4,000-
・ハーフラバー…¥2,800-

・レザーオールソール…¥24,000-
・リウェルト…¥10,000-

その他、何かありましたらお気軽にご相談ください。

オーダーの流れ

1. ご予約
お問い合わせフォームより、採寸にご都合の良い日時をいくつかご連絡ください。
その際、足や靴に関するご相談などありましたら、併せておしらせいただけると助かります。

2. 打ち合わせ・採寸
工房にお越しいただき、足の採寸と打ち合わせをします。(所要時間1時間程度)
作る靴に応じた厚さの靴下(普段履いているもの、冠婚葬祭用など)と、
履きなれた靴をご持参ください。
内金としてオーダー総額の半額をいただきます。

3. 仮合わせ
約2ヶ月後、「仮縫い」が完成します。
不具合の有無をチェックしますので、採寸時の靴下をご用意の上、工房までお越しください。
(所要時間30分~1時間程度)
その後、「仮縫い」をふまえて「本靴」の製作に入ります。

4. 納品
仮合わせから約2ヶ月(打ち合わせから約4ヶ月)で本靴が完成します。
最終的なチェックをさせていただきますので、工房にお越しいただいての納品となります。
残金のお支払をお願いいたします。

5. 履き心地の確認
靴は継続して履いていただいて初めて履き心地がわかるものと考えております。
そのため、納品後1ヶ月半を目安に履き心地の確認をさせていただきます。
後から手を入れて修正できる不具合はこの時に修正が可能です。
履き心地は次回のオーダーに反映させ、より良いフィット感を目指していきます。

PAGE TOP