- ブログ -

TAPIR レザーソールオイル レーダーオイルとの違い

まずは製品の紹介から

Cacicaでは、ドイツのレザーケアブランドTAPIR(タピール)社の製品を取り扱っています。
そのなかでも最近よく売れているのがレーダーオイル。
靴のアッパーに塗布すると、軽く汚れを落とすとともに、革にしなやかさを与える効果があります。

それと良く似ているものに、レザーソールオイルという製品があります。
こちらは革底に塗布するためのオイルで、アッパーには使用しません。

並べてみるとこんな感じ。
大きい瓶がレーダーオイルで容量は200ml、小さい方がレザーソールオイルで容量は100mlになります。お値段はレーダーオイルが2,400円+税、レザーソールオイルが2,600円+税で、比べると、レーダーオイルの方がお得な感じがしますね。(※価格は2020年10月現在)

そのためか、最近はレーダーオイルを革底に塗布する方も多くなっているように感じます。革底をしなやかにするのならば、正しい使い方にも思えますが、実際はどうなのでしょうか。

原材料の観点から

結論から言うと、革底にはレザーソールオイルを使っていただいた方が良いのです。
ポイントは原材料の違い。

レーダーオイルの瓶の原材料を見てみると、「ひまし油、なたね油、オレンジテレピンオイル、酢」と書いてありますね。

レザーソールオイルは「亜麻仁油、オレンジテレピンオイル、酢」となっています。
※ラベル貼付「TAPIR JAPAN」

「ひまし油、なたね油」と「亜麻仁油」のあたりが違うのが分かりますね。
この違いが重要なのです。
ひまし油・なたね油は共に、革をしなやかに保つ効果があります。
それに対し亜麻仁油は、革をしなやかに保つのに加えて、「革を丈夫にする」という効果も併せ持っているのです。

もう少し詳しく説明すると、亜麻仁油は「乾性油」という種類の油で、空気中で酸素に反応し、固まっていく性質を持っています。固まるというとすぐにカチカチになってしまうイメージを持たれるかもしれませんが、レザーソールオイルには他の成分も入っていますし、反応はとてもゆっくりですので、急激に硬化するという感じではありません。

ここで、それぞれのオイルの瓶の口に注目してみましょう。
左がレーダーオイルで、右がレザーソールオイル。それぞれ店頭でサンプルとして使用しているものです。
レザーソールオイルの方には、何か付着しているのが見えるかと思います。

もう少しアップにしてみるとこんな感じ。
この付着しているものが、固まった(正確には「固まってきている」でしょうか)亜麻仁油になります。触れた感じは、炊いたご飯粒を潰したものに近い感触です。これが、ソールに浸透し、強度を高めていくわけです。

このように、レザーソールオイルは革底に用途を特化した製品なのです。革底に対する考え方や好みは履く方によりますが、専用のものがあるのならば、そちらの方が効果は高いと思います。

TAPIR社の製品はCacicaオンラインストアにもアップしておりますので、興味が湧いてきた方は是非一度、お試しいただければと思います。
TAPIR レザーソールオイル

以上、TAPIR レーダーオイルとレザーソールオイルの違いでした。
今後のケア用品選びの参考にしていただければ幸いです。

カテゴリー

PAGE TOP